【捨てられない子供服】手放すメリットと捨てずにリメイクする方法【不器用でも簡単】

ゆるミニマル育児

「とりあえず思い出にとっておこうかな」「お下がりにできるかも」と考えていると、思っていたより多くの服が残ってしまう…という経験、ありませんか?

子ども服を手放したいのに手放せないのは、手放すメリットがはっきりしていないからかもしれません。

どうしても捨てられない!というときは、無理に捨てなくてOK
不器用さんでも簡単にできるリメイク方法も紹介します。

この記事の内容
  • 子供服が捨てられない理由
  • 子供服を手放すメリット
  • 【不器用でも大丈夫】子供服を捨てずにリメイクする方法

思い出のある子供服だからこそ、整理すれば部屋も気持ちもすっきりしますよ*

子供服を捨てられない理由

思い出が詰まっているから

初めて着た服、お気に入りの服など、愛着があるものを手放すのはなかなか勇気がいりますよね。

捨てたら後悔するかも…と思うと、捨てる決断をするのが難しくなります。

育児中のよめ
育児中のよめ

思い出に残しておきたい服もある!

お下がりにできそうだから

状態が良い服は、捨てるにはもったいなく感じますよね。

次の子にお下がりできるかな?誰かに譲れるかも?と考えると、とりあえず今は保管しておこう、となって手放すことができなくなります。

育児中のよめ
育児中のよめ

下の子にお下がりできれば節約にもなるし…

あまり着なかったから

  • サイズアウトが早かった
  • デザインなどがあまり気に入らなかった
  • すぐ汚れてしまうのが嫌だった

理由はいろいろありますが、あまり着なかった服はそれだけでもったいない気持ちになり、捨てづらいということに繋がります。

育児中のよめ
育児中のよめ

貰い物の服だと、あまり着ていなくても捨てづらい…

子供服を手放すメリット

子供服を手放すことで得られるメリットは大きいです。

  1. お気に入りの服を惜しみなく着れる
  2. 衝動買いを防げる
  3. 新しい服を思いっきり買える
  4. 服の管理・収納がラクになる
  5. 収納を将来のために使える

服を最大限に使えるようになることはもちろん、毎日の洗濯や管理の手間がぐっと減るので、時間にも余裕ができます。

それぞれ詳しくお伝えしますね!

①お気に入りの服を惜しみなく着れる

お気に入りの服って、なんとなくもったいなくてなかなか着れなかったり、やっぱり汚されると悲しかったり。

でも、子どもの魅力をさらに引き立ててくれる素敵な服だからこそ、たくさん着てもらわないともったいない

当時を振り返るよめ
当時を振り返るよめ

お気に入りで息子に似合ってたあの服、もっと着ればよかった~!

たくさん着て最後には手放す、というつもりでいれば、むしろお気に入りの服をたくさん着るようになるので、毎日の着替えや洗濯も気分が上がります。

ゆるミニマリストのベビー服事情について気になる方は、こちらも合わせてどうぞ!

②服の出費を減らせる

子どもの服ってなんであんなにかわいいのか…
ついつい手を出してしまいますよね。

服がたくさんあればあるほど、たくさん着ることは難しい。あまり着なかった服が出てくる。着なかったのでもったいなくて捨てづらい…

服を着倒して手放す、ということが頭にあると、かわいいからこれも買っちゃえ~!という衝動買いを防げるので、出費を減らせます。

③新しい服を思いっきり買える

服を適度に手放すことで、そのときにときめいた服を迷わず買うことができます

お下がりの服には、前に着ていたときの思い出を重ねることができたり、節約になったりと魅力もあります。

でも、「お下がりがあるからなぁ」と買いたい服を我慢すること、ありませんか?

かわいいお下がりの服も、多すぎると「上の子はお下がりありきの服選び」「下の子はお下がりばっかり」ということになりかねません。

服の出費がかさんでいる場合は、買い替えであっても新しく服を買うのは躊躇してしまいます。

育児中のよめ
育児中のよめ

せっかく買うなら、気に入ったものを思いっきり買いたい!

④服の管理・収納がラクになる

今着ている服、サイズアウトした服の管理・収納がぐっとラクになります

まだ着れる服なのか、残しておく服なのか、残すなら洗濯や保管方法はどうするか、収納場所はどこにするのかなど、考えることもやることも意外に多い…

そんなストレスから解放されます!

⑤収納を将来のために使える

思い出にとっておきたい服ではなく、「捨てられない服」が収納を圧迫していませんか?

子どもの服はどんどんサイズも大きくなり、こだわりが出始めれば種類や量も多くなっていくはず。

収納スペースは開けられるなら開けておくのがベスト!

なんかもったいなくて捨てられない服で場所をとるより、これからの暮らしに使えるように空けておくのがおすすめです。

サイズアウトしたベビー服の収納についてはこちらにまとめています。

子供服を捨てずにリメイクする方法【不器用でも簡単】

とはいっても捨てられない、残しておきたい服もある!

  • 捨てるのはやっぱりハードルが高い
  • 思い出にとっておくからには、素敵な形で残したい!
  • リメイクしてみたいけど、不器用だから凝ったのは厳しい…

誰でも簡単にできるリメイクを集めました。

布コラージュで小物アレンジ、アルバムにも

布コラージュはボンドや両面テープがあればできるので、手軽に楽しめます。

服を好きな形に切って貼るだけ!

台紙に貼ったものをフォトフレームに入れて飾ったり、フォトフレーム自体に貼りつけて子どもの写真を飾れば、思い出の詰まった素敵な作品になること間違いなしです。

コラージュした台紙をアルバムに入れれば、遊び心のあるおしゃれなフォトアルバムも簡単に作れます。

写真立てに入れて味のあるインテリアに

お気に入りの柄やイラストの服は、そのまま写真立ての中に入れて飾るのもおすすめ。

写真立てに挟むだけなので手間も時間もかからない!

1枚を大きく飾るもよし、好きな柄の部分だけ切り取るもよし。
たくさん並べてもかわいらしさが引き立ちますね!

くるみボタンでかさばらない&アレンジも

くるみボタン作成キットを使えば、不器用さんでも簡単にくるみボタンが作れます。

小さくなるので場所をとらず、かわいく保管できるのが魅力。

ヘアゴムやマグネット、缶バッジなど、アレンジも簡単にできちゃいます。

打ち具つきのものを選べば、縫う必要もないのでおすすめ!

育児中のよめ
育児中のよめ

くるみボタンキットは100均にも売っているので、初めてでも気軽にチャレンジできますよ

まとめ:子供服を手放すメリットは大きい!簡単リメイクで捨てずに活用も!

子供服を手放して得られるメリットは、大きく5つ。

子供服を手放すメリット
  1. お気に入りの服を惜しみなく着れる
  2. 衝動買いを防げる
  3. 新しい服を思いっきり買える
  4. 服の管理・収納がラクになる
  5. 収納を将来のために使える

迷っている方は思い切って手放してみると、予想以上の効果にびっくりするかもしれません。

どうしても手放せない服も、リメイクすればより素敵な形で残しておけます。

誰でも簡単!服のリメイク法
  1. 布コラージュ
  2. 写真立てに入れる
  3. くるみボタン

長い時間や手間がかからず気軽に取り組めるのがいいところ。

どれも技術は必要ないので、自分に合った方法を探してみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます(‘‘*)

\ピンタレストの保存にどうぞ/

コメント

タイトルとURLをコピーしました